2009年04月20日

新年号「百年一度の危機か好機か――新春にあたり――」

昨年末の空港封鎖前後、各種メディアには外国人によるタイ人批判のコメントが殺到した。多くの外国人が迷惑を蒙ったのも事実。筆者の会社も甚大な被害を受けた。しかし国家は直線的に成長する訳がない。発展途上の国だからこそ、今まで日本人はじめ外国人たちは恩恵を受けてきたのだ。

 「お金はタイ人にとってビールの泡のようなもの」という言葉があるそうだ。「なくても暮らしていけるがあった方がサヌック(=楽しい)」という意味だとか。

日本人は、過ぎてしまったことを悔やんだり、まだ見ぬ未来のことを気に病んだりするきらいがある。この点タイ人たちの方が達観している。

 タイは鎖国をしても7年間は自国民を養えるという。
達観できるのは、こんな豊饒な自然の恵みがあるからだ。自然と共生する仏教の教えがあるからだ。今年は2月以降、実態経済が急激に悪化して、旅行業で100万人、それ以外で100万人、計200万人の失業者が出るそうだ。10年前の通貨危機でも同様の失業者がでた。しかし、タイでは社会不安は起きなかった。豊かな農村が、それらの人々を吸収したからだ。月日は経たが、今回もそのような機能が発揮されるだろう。闇雲に物質文明を押し進めるよりも、自給自足的な自然な生活に戻っても、別に構わないのだ。 そんな諦観が、昨年末の騒動の根底にはあったという。

世界は百年一度の経済危機だとか。しかし、それは、豊かさの意味、幸福の意味をもう一度考え、生き方の方向修正をする、百年一度の好機なのではないか?批判ではなく反省を。今年はタイの人々から「生き方の知恵」「癒しの知恵」をおおいに教えてもらおう。「タイのことは、タイの人にしかわからない」のだから。

(谷田貝)

(2009年1月掲載)

  P3170214.JPG 
posted by バーンタオ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スローライフ・ロハス関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28580988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック