2009年03月03日

第63回「『賢い生き方のススメ』とは・・・」

「企業で働く65歳以上高齢者200万人・昨年、4年で3割増http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080418AT3S0801Y17042008.html
公的年金を受け取れる65歳以上になっても企業で働く人が2007年に初めて200万人を超えた。人手不足の企業が経験の豊かな高齢者を雇っているうえ、定年後も働き続けたい人が増えていることが背景にある。(後略)」
先日、こんなニュースが目に留まった。

人間、やはりのんびりしているだけでは駄目だという考えの方が多いということだろうか。あるいはまた、不安感の漂う世の中、年金だけではどうも心配という方が増えたということもあるだろう。

そんな中、年上の友人でノンフィクションライターの戸田智弘さんのインタビュー記事がNTT関連のサイトに掲載された。http://www.nttcom.co.jp/comzine/no059/wise/index.html
戸田さんは昨年『働く理由−99の名言に学ぶシゴト論。』(ディスカヴァー・トゥエンティワン を出版し、8万部を越すベストセラーとなって話題になった。そしてそれより数年前には『職在亜細亜 職はアジアにあり!』(実業之日本社)という、日本でリストラをされた中高年のエンジニアがアジア諸国でがんばっている・・・というテーマの著書を出している。その取材の際のコーディネーションを筆者が担当し、戸田さんとは親しくなるきっかけとなった。

さて、上述のサイトのインタビューの中に、以下のような一文があった。
「以前、リタイア後に海外に移住した方々を取材したことがあります。ゴルフをしたり旅行に行ったりしてのんびり暮らしている方が多く、一見、羨ましいことなのですが、実際はボランティアや仕事をしている方のほうが、生き生きとしている感じがありました。結局ゴルフも旅行も、生産活動ではなくて消費活動だから、人とのつながりを十分に感じることはできません。(後略)」

その通りだなと思う。

筆者は最近、人間の幸福とは、心身とも健康であるということと同時に、他の人たちとの豊かな関係性にあるのだと思うようになった。
今回上述の二つの記事を読み、人との豊かなつながりを感じることの出来るコミュニティ作り、目的作りの示唆が、筆者の使命のひとつなのだと改めて考えるきっかけとなった。

『働く理由−99の名言に学ぶシゴト論。』のなかにこんな記述がある。
「働くことが単にお金を得るということであるならば、ビル・ゲイツはとっくに仕事をやめているはずだ・・・」と。
ビル・ゲイツに限らず、もう定年を迎え、悠々自適に暮らせるであろう人たちも働こうとするのはなぜだろう?
やはり「働くこと」を通じて、「人とのつながりを十分に感じること」を求めているからではないだろうか?
(谷田貝)




posted by バーンタオ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | GNH(国民総幸福論)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27349745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック