2009年02月07日

第58回「驚いたような微笑みときれいなワイが-----メーチー・サンサニーさんについて」

「メーチー・サンサニーさんのところに行かれたとのこと。三年近く前、大阪の中之島公会堂で彼女の話を聞きました。『a Walk of Wisdom』というドキュメンタリー映画と彼女の講演と一筆書き墨象形の個展。アーティストとしても素晴らしい人です。(後略)」

 

1月中旬の良く晴れた土曜日、筆者のヨーガの師匠でインド哲学にも造詣の深いA先生の案内で、バンコク郊外のランジット地区にある瞑想寺「ワット・パンニャーナンダラーム」と、バンコク都内の「ラームイントラ」地区にある「サティラ・ダンマ・サタン」を訪れた。

 

「ワット・パンニャーナンダラーム」は、現代タイの高僧「パンニャーナンダ・ビク」によって開設された近代的な瞑想寺。
http://www.watpanya.org/

 P1120005.JPG


「サティラ・ダンマ・サタン」は、タイの尼僧「メイチー・サンサニー」さんの運営する近代的な瞑想センターだ。
http://www.sdsweb.org/en/index.php

 この日一日、A先生の解説つきのとても贅沢なツアーだった・・・。

この日のことを、筆者の発行する日刊のメールマガジンに記載したところ、西宮にお住まいのYさんから冒頭のお便りを頂戴した。

 

メーチー・サンサニーさんの主宰する「サティラ・ダンマサタン」は、おそらく彼女の人柄、才能がそのまま現れているのであろう、滋味豊かな本当に素敵な場所だった。

 敷地は周辺の喧騒を遮る深い緑に覆われ、バンコクでは珍しく起伏に富み、よく手入れされている。丁度子供の日で、たくさんの親子連れが訪れていた。

庭園では、日本の文楽にあたるのだろうか、伝統的な人形劇のパフォーマンスが、ジョールイスシアターの若者たちによって演じられていた。

P1120028.JPG

 何より感銘を受けたのは、我々が外国人だとわかると、ボランティアの人たちがどこからとも無く現れ、色々と世話を焼いてくれたことだ。場内でのイベントの案内はもちろん、タイ古式マッサージの場所までの道案内などなど。

靴を脱いで敷地内の仏殿に入り礼拝を済ませ出てきたとき、一行の靴がキチンとつま先を外に向け揃えて並べられていたのには驚いた。

 

ホテルなどサービス業の現場とは違い、何の代償も求めていない親切はとても好感のもてる新鮮なものだった。

 ちなみにメーチーとは、尼僧のような格好をしているが、僧侶ではない。上座部仏教(=テラワーダ仏教)では、女性は僧籍に入れないのだ。

在家信者ではあるものの、お寺やそれに類するところに寄宿し、仏教に帰依する女性・・・とでも訳すのだろうか?

 

気持ちの良い乾季の一日、A先生の解説、メーチー・サンサニーさんの元に集まる信者、ボランティアたちの心遣いもあり、通り一遍の内容の観光ツアーではない、文化的に高度な内容のツアーを体験することができた。

 

「講演の後、私がワイをして『コープクンクラップ』と言ったら驚いたような微笑みときれいなワイが返ってきました。(谷田貝注:ワイ=合掌)ホントにキレイなワイでした。

 タイでは彼女に関する本も出版されているようですが、是非日本にも紹介されるべき方だと思います。『We can touch only this precious present moment

メーチー・サンサニーさんの素敵な言葉です。来月7日にチェンマイからバンコクへ行きます。

 今回行かれた時の話も楽しみにしています。

(後略)」

 Yさんのお便りはこのように結ばれていた。

(谷田貝)

(2008年1月掲載)

 
posted by バーンタオ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル・仏教関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26407158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック